Android 4.0.xシリーズからできる、フルバックアップ(バックアップ)とリストア 準備編

2013/05/21(火曜日) 全画像の添付文をタブレット向けに修正、対応。

 

 

 最近、タブレットのOSをアップグレードしたり、ダウングレードする機会が増え、特に、中華PADと呼ばれる安価なタブレットでは、ゲームアプリの相性が問われ、OSを入れ替えてみて、動作を確かめることが個人的に多くなりました。

 

 そのOSを入れ替える作業の最中、大量に詰め込んだアプリごと引っ越しできないか、手段を探っていました。

 

 そこで「ルート権限いらず」「別途、バックアップ用アプリを用意しなくていい」Android公式のフルバックアップ、リストア可能な機能を発見したので記しておきます。

 

 この方法はスマートフォンでも使えるので、参考になればと思います。

 

↑フルバックアップの画面(画像をクリックすると鮮明に閲覧できます)
↑フルバックアップの画面(画像をクリックすると鮮明に閲覧できます)

 

 

 

 まず、この画像を見てみると、一体何をしとんねんっ、と初めて見るとさっぱり意味不明に感じられるかと思います。これは、自分が今までインストールしてきたアプリたちを、今まさにバックアップしているところの場面です。

 

 まず、Android本体からは直接この画面を開くことはできません。Windowsなど、パソコンから開くことができます。

 

 ごちゃごちゃ言わんと、早よ教えてーな、と言われそうなので手順を踏んでいきます。

 

 

1.Android SDKをパソコンに入れておく。

 

 こちらから、サイトへジャンプし、Android SDKを入れておきましょう。一度入れておけば、Androidを自在に操ることができるようになります。

 

http://developer.android.com/sdk/index.html

 

                  Android SDKのダウンロードページ(画像拡大可能)
                  Android SDKのダウンロードページ(画像拡大可能)

↓次へ

                  Android SDKのダウンロードページ(画像拡大可能)
                  Android SDKのダウンロードページ(画像拡大可能)

 ↑3ステップでダウンロード開始!

 

↓次へ

                  ダウンロードを終えたら.zipファイルの中身から2つのファイル類を図のように入れてください。『あなたのユーザー名』は例: Shin629
                  ダウンロードを終えたら.zipファイルの中身から2つのファイル類を図のように入れてください。『あなたのユーザー名』は例: Shin629

↓次へ

                  最後のStep.4の画面内で『Google USB Driver』が載っていませんが、自身のパソコンにはすでにインストール済みのため、表示しません。
                  最後のStep.4の画面内で『Google USB Driver』が載っていませんが、自身のパソコンにはすでにインストール済みのため、表示しません。

 

 

2.Androidのタブレットを認識させる

 

 

 ここからは、Android端末をパソコン側にきっちりと認識させるようにする手順を記していきます。

 

 まず、Android端末を起動し「設定」→「セキュリティ」→「提供元不明のアプリ」にチェックを入れてください。

 

 次に「設定」→「開発者向けオプション」→「USBデバッグ」をタップして有効にしてください。

 

 そして端末からパソコンに、専用のUSBケーブルを接続してください。

 

 接続すると、パソコン側がハードウェアとして認識されますが、Android端末とは認識してくれません。

 

 対処方法はパソコン(Windows7か8)で「コントロールパネル」を開き、表示方法を「大きなアイコン」に指定し「デバイスマネージャー」を開いてください。

 

 すると、黄色い三角形の中に!マークがあるデバイスが見つかると思います。

 

 そのデバイス名が書かれたところに右クリックし「ドライバー ソフトウェアの更新」をクリックしてください。

 

                  デバイスマネージャーで端末が認識されるとこのように「Android Device」と表示。
                  デバイスマネージャーで端末が認識されるとこのように「Android Device」と表示。

 「ドライバー ソフトウェアの更新」を選択すると、二つのインストール方法を聞いてきます。そのうちの下の「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」をクリック。

 

 

↓次に

 

                  2通りの手順があります。どちらも試してください。
                  2通りの手順があります。どちらも試してください。

 この2通りの手順でドライバーの選択画面に入れます。種類があるのでややこしいかも知れませんが「Android Composite ADB Interface」を選択してください。

 

 お疲れ様でした。下準備はここまでです。

 

 さて、いよいよフルバックアップ、リストアのコマンドを紹介します。