Android 4.0.xシリーズからできる、フルバックアップ(バックアップ)とリストア コマンド編

2013/05/28(火曜日)

1.一部、コマンドの説明の不要部分を修正。

 


 ここからの作業がタイトルの中心部となります。

 

 ざざざっと、大雑把に書いていきますので、そのまま難しいことは考えずにやってみてください。

                  オレンジ線の通りにたどり着いてください。
                  オレンジ線の通りにたどり着いてください。

↓次に

                  ドラッグ&ドロップ!
                  ドラッグ&ドロップ!

 無事、たどり着いたら、上画像にあるフォルダの中から『platform-tools』を1クリックしたまま持ち上げて『コマンドプロンプト』に放してください。

 

 コマンドプロンプトは「C:¥Users¥〇〇〇>C:¥Users¥〇〇〇¥platform-tools」と表示されます。この太字の部分のみを

 

cd¥

 

に書き換えてエンターキーを押してください。これでadbコマンドが使えます。

 

C:¥Users¥〇〇〇¥platform-tools>

と、表示が変わります。

 

 ここからが本番! adbコマンドでAndroid端末のフルバックアップを行います。

 

 

adb backup -f 20130220.bak -apk -shared -all -system

各コマンドの説明↓


-f
ファイル名を指定します。指定しない場合「backup.ab」としてカレントに保存されます。

自分は指定しませんので「-f」と記入します。

-apk または -noapk
バックアップに apkファイルを「含める」か「含めない」か。デフォルトは noapk、つまり「含めない」となります。自分は含めます。


-shared または -noshared
バックアップにSDカード内のコンテンツを「含める」か「含めない」か。デフォルトは noshared、つまり「含めない」。自分は「含めない」を選択。ただし、ゲームアプリをセーブデータごと保存したい方は"-shared"を選択してください。

-all
すべてのアプリケーションを対象に含めます。apkは含まれません。

-system または -nosystem
バックアップにシステムアプリケーションを「含める」か「含めない」か。デフォルトは nosystem、つまり「含めない」。自分は「含めない」を選択。


☆管理人おすすめコマンド(これなら速くバックアップできますよ! 最低限のバックアップです)↓

 

adb backup -f 20130220.bak -apk -noshared -all -nosystem

 

↓次にAndroid端末の画面を見てみましょう。

 

暗号化用のパスワードを打ち込みます。自分だけのパスワードを作ってください。このパスワードは端末のOSを初期化したり、入れ替えた時に問われるので、頭かメモに記憶しておいてください。バックアップを実行するときは「データをバックアップ」を選択。
暗号化用のパスワードを打ち込みます。自分だけのパスワードを作ってください。このパスワードは端末のOSを初期化したり、入れ替えた時に問われるので、頭かメモに記憶しておいてください。バックアップを実行するときは「データをバックアップ」を選択。

 

 

 最後に、リストアのコマンドを書いておきます。

 

adb restore backupfile

 

です。

 

backupfileの部分はバックアップしたファイル名を書き込みます。

adb restore [バックアップファイルの例: 20130220.bak]

 

 

以上で紹介は終わりです。まぁ、役に立てたら幸いです。

 

 

2013/02/20 (水曜日) 0:32